家を建てて初めてのリフォームは築10年目でのことでした。いや、「リフォームをしたい!」と思ったのは、既に新築時からはそうでしたよ。注文住宅にてマイホームを建てたのですが「あそこをこうしておけば良かった!」ですとか、「ここをもっとこうしておけば良かった!」といったような要望は、実際に住んでみてから出てきてしまうものですからね。というか、注文住宅だからこそ、実際に住んでから後悔ポイントが出てきてしまうのかもしれません。

しかし、「ここをこうしておけば良かった」といったような要望にしても、子供がつけてしまったフローリングの傷にしても、緊急性はないものですから後回しにしていました。というよりも、予算の関係上リフォームしたくてもできないといったような感じですね。「住むのに困らなければいいか」といった感じで。

けれど、住宅設備の故障だけは後回しにできないのですよね…。マイホームは本当に築10年を過ぎたあたりで故障箇所が出てくるもので、わが家の場合はボイラーでした。ですから早々とお風呂場のリフォームをすることにしましたよ。結構な低価格設備を入れていたのが原因かなぁとも思いますが、確定ではないのでなんとも。

とにかく、マイホームは築10年を過ぎたあたりから故障箇所が出てきますので、リフォーム資金の用意をしておいた方がいいとはものすごく思います。

PR|増築リフォームを板橋でするなら|